京都府長岡京市の覚せい剤事件で逮捕 薬物事件の再犯防止には弁護士

2017-03-29

京都府長岡京市の覚せい剤事件で逮捕 薬物事件の再犯防止には弁護士

京都府長岡京市に住んでいるAさんは、現在、京都府向日町警察署逮捕されています。
Aさんは、長期間にわたって、覚せい剤を所持・使用していたのです。
AさんとAさんの家族は、この事件をきっかけに、もう違法薬物に手を出さないようにしたいと思っていましたが、長期間にわたって覚せい剤を使用していたため、依存しているのではないか、きちんと再犯防止できるのか、と不安に思っていました。
(※この事例はフィクションです。)

・覚せい剤と再犯防止

皆さんご存知のように、覚せい剤には、依存性があります。
覚せい剤を継続的に使用することにより、薬物依存症となってしまいます。
しかし、もちろん、1度覚せい剤を使用しただけでも犯罪ですし、1度使用したことによって、次回使用するハードルが下がることになってしまいかねません。
そういった意味では、1度の使用であっても、薬物依存症に片足を突っ込んでいる状態と言えるでしょう。

覚せい剤の使用によって薬物依存症となってしまえば、再び覚せい剤に手を出さないよう、再犯を犯さないようにするのは、なかなか大変なことです。
事実、残念なことに、薬物事件再犯率は高いです。
たとえ刑務所に入ったとしても、次の薬物事件を起こしてしまう人が、後を絶ちません。

そうならないようにするためには、本人だけでなく周囲の人たちも一緒に、再犯防止策を練っていく必要があります。
具体的には、専門家の薬物治療を受けることや、カウンセリングに通うこと、自助団体への参加などがあげられます。
薬物事件に詳しい弁護士であれば、そういった再犯防止策についても、一緒に考え、活動することができるでしょう。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所です。
薬物事件も、もちろん多数のご依頼をいただいています。
京都府の薬物事件でお悩みの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7200円)