京都府舞鶴市の強要事件で少年を逮捕 無料法律相談する弁護士

2017-02-03

京都府舞鶴市の強要事件で少年を逮捕 無料法律相談する弁護士

京都府舞鶴市の高校に通う15歳のAさんは、友人ら2人と、普段から生意気だと感じていた後輩のVさんを呼び出し、殴るなどの暴行を加え、「けじめをつけろ」等と言って無理矢理川に飛び込ませました。
幸いVさんにけがはありませんでしたが、その様子を見かけた通行人の通報により、Aさんらは京都府舞鶴警察署の警察官に、強要罪などの容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんの両親は、Aさん逮捕の知らせを聞き、すぐに弁護士に相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・少年事件と強要罪について

2016年12月に、強要罪の疑いで少年が逮捕されるという事件が起きました(東京新聞他)。
逮捕された少年らは、「ヤンキーになり切れていない中途半端な奴」を「なりヤン」と呼び、「なりヤン狩り」として、気にくわない少年に暴行を加え、服を脱がせた後、川に飛び込ませたことで、強要罪の疑いで逮捕されました。
上記事例は、このニュースをもとにして作成しています。

少年自身は、ただの喧嘩のような認識なのかもしれませんが、相手を脅迫したり、暴行を加えたりして、義務のないことを行わせる行為は、強要罪という立派な犯罪に当たる行為です(刑法223条)。
「あいつは気にくわないからちょっとしめてやろう」と軽い考えで行ってしまったことが、警察に逮捕される事態を招くことになりかねません。

・弁護士との相談について

お子さんが少年事件を起こしてしまった際、これからどのようにしていけばよいのか、どうなっていくのかと、今後に不安を感じられる方がほとんどでしょう。
そのような時こそ、少年事件に詳しい弁護士の法律相談を活用してください。
少年事件に強い弁護士であれば、少年事件に対する不安や疑問に、丁寧に対応してくれます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件を専門に取り扱っています。
強要事件でお子さんが逮捕されてしまってお困りの方は、0120-631-881まで、ご連絡ください。
京都府舞鶴警察署までの初回接見費用についても、上記のお電話でご案内いたします。