京都府久世郡久御山町の少年事件で逮捕 学校への連絡を阻止で退学回避の弁護士

2017-03-24

京都府久世郡久御山町の少年事件で逮捕 学校への連絡を阻止で退学回避の弁護士

Aさんは、京都府久世郡久御山町に住んでいる高校生2年生です。
春休み中のある日、Aさんは、少年事件を起こしたとして、京都府宇治警察署逮捕されてしまいました。
もうすぐ学校も始丸という時に逮捕されてしまい、Aさんの両親とAさんは、学校の開始までに身体拘束から解放されるのか、学校を退学になってしまわないか、心配しています。
(※この事例はフィクションです。)

・少年事件と学校への対応

まだ学生である少年が少年事件を起こしてしまった場合、少年自身やその親御さんが心配されることの1つに、学校のことがあるでしょう。
学校へ連絡が行って退学などの措置を取られてしまうのではないか、逮捕・勾留などによる身体拘束が長期化することで出席日数が足らなくなるのではないか、といった心配が挙げられると思います。

現在、警察・学校相互連絡制度という制度がしかれているために、基本的には警察などから少年事件について学校へ連絡が行くことになっているようです。
しかし、弁護士を通じて、学校への連絡を控えてもらうよう、働きかけることは可能ですし、学校への通知が行われても、少年の事情や再犯の可能性が低いこと、更生の可能性などを説明してもらい、処分を科さない、もしくは軽くしてもらえるよう働きかけることもできます。

また、逮捕・勾留・観護措置などの身体拘束がなされ、それが長期化した場合、試験が受けられなかったり、出席日数が足りなくなったりして、退学や留年になってしまう場合もあります。
これらを避けるためには、1日でも早く、少年を釈放してもらうように弁護士に身柄解放活動をしてもらうことが重要です。

学生である少年にとって、学校は非常に重要な場の1つでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、少年事件を起こしてしまった少年やその親御さんの不安を解消すべく、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、学校への対応の疑問にも、丁寧に対応いたします。
少年事件にお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府宇治警察署までの初回接見費用:3万6500円)