京都府久世郡久御山町の飲酒運転事件で逮捕 交通事故で刑事事件なら弁護士

2017-03-31

京都府久世郡久御山町の飲酒運転事件で逮捕 交通事故で刑事事件なら弁護士

Aさんは、京都府久世郡久御山町の自宅で晩酌をしていましたが、ふと買い物を忘れていたことに気づき、飲酒していたにもかかわらず、車に乗って出かけました。
Aさんは、かなりの量の酒を飲んでおり、千鳥足のような状態でしたが、構わず運転を行ってしまったのです。
その飲酒運転の結果、Aさんは、運転操作をうまく行うことができず、道中の電信柱に衝突する事故を起こし、京都府宇治警察署の警察官に逮捕されてしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・飲酒運転による犯罪

飲酒運転を行った場合、減点や免許取り消しといった行政罰が加えられることがあります。
それとは別に、刑事事件とされ、刑事罰が加えられることもあります。

まず、飲酒運転自体は、道路交通法で禁止されており(道交法65条1項)、これに違反して飲酒運転を行った場合で、酒酔い運転と認められた場合は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金(道交法117条の2 1項)、酒気帯び運転と認められた場合は3年以下の懲役又は50万円以下の罰金(道交法117条の2の2 3項)にそれぞれ処せられることになります。
酒酔い運転とは、千鳥足になっていたりろれつが回っていなかったりと、明らかに酒に酔っている状態で運転を行うことで、酒気帯び運転とは、呼気内のアルコール濃度が0.15mg以上検知される状態で運転を行うことです。

今回のAさんの場合、Aさんは千鳥足のような状態で飲酒運転を行っていますから、酒酔い運転と判断される可能性が高いでしょう。

さらに、もし今回のAさんの起こした交通事故で、人が死傷してしまっていた場合、自動車運転処罰法に規定のある、危険運転致死傷罪に当てはまる可能性も出てきます。
危険運転致死傷罪では、薬物やアルコールの影響で正常な運転が困難である状態で運転を行い、その結果人を死傷させた場合、15年以下の懲役に処せられるとされています(自動車運転処罰法2条1項、3条1項)。

このように、飲酒運転に関わる犯罪は、多く存在します。
軽い気持ちで行ってしまった飲酒運転が、取り返しのつかない刑事事件になってしまうかもしれません。
交通事故でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談下さい。
京都府宇治警察署までの初回接見費用:3万6500円)