(京都府木津川市)窃盗事件なら少年事件に強い弁護士に相談を

2017-05-19

(京都府木津川市)窃盗事件なら少年事件に強い弁護士に相談を

京都府木津川市に住んでいる高校1年生のAさんは、近所のコンビニで雑誌を万引きしてしまいました。
しかし、その現場を店員に目撃され、通報を受けた京都府木津警察署の警察官に窃盗罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんの両親は、突然子供の逮捕を聞かされ、すぐに少年事件に強い弁護士に相談に行くことにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・少年と窃盗事件

上記事例のAさんは、窃盗事件を起こして逮捕されてしまいました。
平成27年の統計を見ると、Aさんのように、窃盗罪の容疑で検挙された少年は、2万9,662人で、平成27年に検挙された少年犯罪の罪名別にみると、全体の約6割を占めています(平成28年版犯罪白書)。
窃盗罪は、それだけ少年事件の中で占める割合が高い犯罪なのです。
実際に、少年が万引きをして窃盗罪の容疑で逮捕されたり、取調べを受けたり、というニュースは、少年事件において、他の罪名よりもよく見かけます。

しかし、だからといって、ただの窃盗だから、と軽く見ていい理由にはなりません。
犯行態様やどれだけ窃盗を行っていたか、また、その少年の環境などによっては、窃盗罪でも少年院送致などの重い処分になることもあります。
少年事件が起きたとなったら、すぐに少年事件に強い弁護士に相談することが大切です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件専門の弁護士です。
京都支部は京都駅から徒歩圏内の距離にあります。
京都少年事件でお困りの方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
初回無料相談のご予約は、0120-631-881で、24時間いつでも、専門スタッフが受け付けています。
京都府木津警察署までの初回接見費用:3万8,900円)