(京都府笠置町の逮捕)過積載による道交法違反事件は刑事弁護士へ

2018-02-09

(京都府笠置町の逮捕)過積載による道交法違反事件は刑事弁護士へ

京都府相楽郡笠置町で運搬業を営むAさんは、京都府木津警察署に、道交法違反の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんは、会社で所有していたダンプカーを不正改造し、最大積載量よりも多く積載できるようにして従業員である運転手に運搬を行わせており、いわゆる「過積載」を日常的に行っていたようです。
(※平成30年2月8日TBS NEWS掲載記事を基にしたフィクションです。)

・過積載による道交法違反事件

過積載とは、文字通り、ダンプカー等の貨物自動車等の規定された積載重量よりも多く貨物を積んで走る行為を言います。
過積載によって、道路の構造や路面へ損傷を与えてしまったり、過積載によって起こる交通事故が起こってしまったりするため、過積載は危険な行為と言えます。
過積載については、検問や高速道路出入口での重量の自動測定等によって取締りがなされています。
では、実際に過積載を行ってしまった場合、どのようなことになるのでしょうか。

まず、道交法57条1項では、過積載をすることを禁止しています。
これに違反して過積載をすると、6月以下の懲役又は10万円以下の罰金(道交法118条1項2号)、3月以下の懲役又は5万円以下の罰金(道交法119条1項3号の2)、5万円以下の罰金(道交法120条1項10号の2)のいずれかとなる可能性があります。

そして、過積載をすることによって、ブレーキがききにくくなったり、曲がりにくくなったりするため、前述のように交通事故のリスクも増えます。
もしも過積載をして人身事故となれば、上記道交法違反に加え、自動車運転処罰法の過失運転致死傷罪や危険運転致死傷罪として処罰されることも考えられます。

2015年には、最大積載量の2倍以上の過積載には即時告発ができるようになるなど、過積載については処罰が厳罰化しているとも言えるでしょう。
だからこそ、刑事弁護士からのアドバイスや解説が重要です。
過積載に関わる刑事事件にお困りの際は、刑事事件専門の弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
京都府木津警察署までの初回接見費用:3万8,900円)