京都府笠置町の少年事件対応可!住居侵入事件に強い弁護士

2017-07-16

京都府笠置町の少年事件対応可!住居侵入事件に強い弁護士

Aさんは、京都府相楽郡笠置町に住んでいる16歳です。
ある日、Aさんは、近道をしようと、近所のVさん宅の庭先に入り込みました。
しかし、その様子をVさんが目撃し、不審者が入り込んでいると思ったVさんによって、京都府木津警察署に通報されてしまいました。
Aさんは、京都府木津警察署にて、住居侵入事件の被疑者として取調べを受けることになり、とても不安に思っています。
(※この事例はフィクションです。)

・家に入っていなくても住居侵入?

上記事例のAさんは、住居侵入事件の被疑者として、京都府木津警察署に取調べをされることになっていますが、Aさんは庭先に入っただけで、Vさん宅に入ったわけではありません。
このような場合でも、住居侵入罪に該当するのでしょうか。

住居侵入罪は、刑法130条に規定されている犯罪です。
条文では、正当な理由なしに人の住居や看守する邸宅などに侵入した者について、住居侵入罪が成立するとされています。
そして、上記事例のような、家の庭先のような部分については、「住居」であるか「邸宅」であるかなど学説の分かれはあるものの、どちらの説でも、そこに正当な理由なく侵入することは住居侵入罪にあたるとされています。
Aさんは、Vさんの同意を得ず、近道をしようとして庭先に入り込んだのですから、住居侵入罪が成立する可能性はあるでしょう。

ちょっと近道するだけ、と軽い気持ちで行った行動が、住居侵入事件となり、少年事件となってしまったら、少年本人はもちろんのこと、そのご家族も不安を感じ、動揺されるでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、その不安の解消をお手伝いいたします。
初回無料法律相談のご予約・初回接見サービスのお申込みは、0120-631-881でいつでも受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。
京都府木津警察署までの初回接見費用:3万8,900円)