京都府亀岡市の免許不正取得事件で逮捕なら~刑事事件専門の弁護士へ

2017-07-31

京都府亀岡市の免許不正取得事件で逮捕なら~刑事事件専門の弁護士へ

京都府亀岡市に住んでいるAさんは、交通違反を累積して免許停止となってしまいましたが、通勤で車を使っていたため、どうしても運転免許が必要だと思い、京都府の免許センターで、運転免許を紛失したと偽って、運転免許の不正取得を行いました。
しかし、後日、Aさんの免許不正取得行為が発覚し、Aさんは京都府亀岡警察署逮捕されることとなってしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・運転免許の不正取得

道路交通法では、117条の2の2の11号で、「偽りその他不正の手段により免許証又は国外運転免許証の交付を受けた者」について、3年以下の懲役又は50万円以下の罰金に処すると定めています。
虚偽の申告などにより、免許不正取得を行った場合、この条文に当てはまり、道路交通法違反となります。
免許不正取得は、そもそも免許を持っていない人が免許不正取得をすることはもちろん、Aさんのように不正に免許の再交付を求めることも、免許不正取得にあたります。

このような免許不正取得事件では、初犯であれば略式罰金での処分となることが多いようです。
しかし、免許不正取得事件の態様などにより、初犯でも正式裁判や実刑となることもあるようです。
初犯だからと油断せずに、刑事事件に強い弁護士に早期に相談・依頼することが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、免許不正取得事件のご相談・ご依頼も受け付けています。
弁護士がつくことで、逮捕・勾留による身体拘束からの解放活動や、略式罰金・執行猶予を得るための活動がスムーズに行えます。
京都府免許不正取得事件でお困りの方は、まずは弊所の弁護士までご相談ください。
刑事事件専門の弁護士による初回の法律相談は無料ですから、お気軽にご利用いただけます。
ご予約・お申込みは0120-631-881でいつでも受け付けておりますので、まずはお問い合わせください。
京都府亀岡警察署までの初回接見費用:3万8,800円)