京都府亀岡市の覚せい剤罪取締法事件 任意・強制採尿されたら弁護士に相談

2017-05-02

京都府亀岡市の覚せい剤罪取締法事件 任意・強制採尿されたら弁護士に相談

京都府亀岡市に住むAさんの自宅に、京都府亀岡警察署の警察官がやってきて、Aさんに捜索差押令状を呈示し、家宅捜索をしました。
Aさんは任意採尿を求められ、その数日後、京都府亀岡警察署の警察官に、覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕されました。
Aさんの家族は、以前からさんAの覚せい剤使用に悩んでおり、今回の事件をきっかけに、覚せい剤取締法違反の弁護活動に強い弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士に相談しました。
(フィクションです)

【任意・強制採尿とは】

警察官が任意採尿を求めるケースとして、
・職務質問や交通事故現場で、薬物使用が疑われる場合(支離滅裂な言動をしている等)
・家宅捜索の際、薬物使用が疑われる関係者がいた場合(同棲相手、家族等)
が考えられます。

任意採尿は、あくまでも「任意」です。
しかし任意採尿とは別に、強制的に採尿される(強制採尿)場合があります。
この場合、裁判官が発する令状がありますので、拒否しても強制的に病院で採尿されることになります。

【弁護士に相談】

それでは、覚せい剤取締法違反事件について、弁護士が行う弁護活動の例を見てみましょう。

・違法捜査を見抜く弁護活動
覚せい剤取締法違反事件では、「職務質問」や「任意採尿」などの任意捜査、「捜索差押」、「強制採尿」などの強制捜査について、適法性が問題となるケースがあります。
そのため、弁護士による捜査の適法性を精査し、不起訴処分獲得や、適性な公判に向けた弁護活動が行われることもあります。

・再犯防止に向けた弁護活動
覚せい剤取締法違反事件では、再犯対策の一環として、医療機関への通院サポートを行うことも考えられます。
再犯防止対策をきちんと行うことで、減刑や執行猶予獲得の可能性を高めたり、覚せい剤から脱し、社会復帰を早めたりすることにつながります。

覚せい剤取締法違反事件任意採尿強制採尿をされてしまって不安な方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、上記のような弁護活動で、依頼者様を支えます。
京都府亀岡警察署 初回接見費用:38,800円)