京都府亀岡市の覚せい剤取締法違反事件で逮捕 早期の接見なら弁護士

2017-03-04

京都府亀岡市の覚せい剤取締法違反事件で逮捕 早期の接見なら弁護士

Aさんは、京都府亀岡市に住む会社員で、以前から覚せい剤に興味を持っていました。
そしてどうしても我慢できなくなったAさんは、ついにインターネットで覚せい剤を購入してしまいました。
しかし、覚せい剤を購入して所持したまま、Aさんは、京都府亀岡警察署の警察官から職務質問をされてしまいました。
その際に、覚せい剤を所持していることが発覚し、Aさんは覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕されてしまいました。
(※この事例はフィクションです。)

・早期の接見の重要さ

上記事例のAさんは、覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕されてしまいましたが、逮捕後48時間は、ご家族でも被疑者本人と接見(面会)することはかないません。
さらにその後、勾留されることになった場合ですが、事件によっては接見禁止という措置がとられ、勾留されている間、ご家族を含む一般の方との接見(面会)ができなくなってしまうこともあります。

しかし、弁護士は、接見交通権という権利を持っているため、逮捕後の48時間であろうとも、接見禁止の措置がとられていようとも、被疑者本人に接見(面会)することが可能です。
これを利用し、弁護士に家族間の伝言をお願いしたり、差し入れをお願いしたりすることが可能です。
さらに、取調べ前であれば、取調べに対する助言を弁護士から受けることもできます。
逮捕後のさらなる身体拘束を回避するためにも、取調べで自分に不利な供述をしてしまわないためにも、早期に弁護士と直接話すことは重要です。

覚せい剤取締法違反逮捕されてお困りの方、弁護士接見して相談をしたいという方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
0120-631-881では、初回無料法律相談や、初回接見のご予約をいつでも受け付けています。
刑事事件にお困りの方は、まずはお電話ください。
京都府亀岡警察署までの初回接見費用:3万8800円)