京都府井手町の少年事件に弁護士が対応 早期相談で観護措置回避!

2017-05-05

京都府井手町の少年事件に弁護士が対応 早期相談で観護措置回避!

京都府井手町に住んでいる10代の少年Aくんは、少年事件を起こしたとして、京都府田辺警察署の警察官に任意同行されました。
Aくんの両親は、すぐに少年事件に強い弁護士に相談をして、弁護活動・付添人活動を依頼しました。
その結果、Aくんは観護措置を回避し、身体拘束されることなく、事件の終息を迎えました。
(※この事例はフィクションです。)

・観護措置回避

観護措置とは、少年鑑別所に少年を収容し、少年の性格や行動について調査するための措置です。
少年院送致と混同されがちですが、観護措置は、審判の結果、少年に下される保護処分の1つである少年院送致とは異なり、前述のように少年を調査するためのものです。

しかし、観護措置になれば、鑑別所に通常4週間、最大8週間入ることになります。
長期間今までの環境から切り離されるとなれば、少年の生活に与える影響は大きいでしょう。
したがって、観護措置にせずとも調査可能であれば、在宅での調査や面談が可能であることを主張し、観護措置回避のために活動していくことになる場合があります。

そのためには、やはり早期から、少年事件に強い弁護士に相談することが重要です。
少年事件発生後すぐに弁護士に相談・依頼することによって、弁護士の行える活動の幅が広がるからです。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が行う初回無料法律相談のご予約を、24時間いつでも受け付けています。
少年事件に困ったら、まずはお電話ください。
専門スタッフが丁寧にご案内いたします。
京都府田辺警察署までの初回接見費用:3万7600円)