京都府宇治市の住居侵入事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-10-04

京都府宇治市の住居侵入事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

京都府宇治市内に住む会社員A(32歳)は、ギャンブルなどに金を使ってしまい、借金が膨らんでいました。
パチンコからの帰り道、窓が開いた状態の家を発見し、開いた窓から住居へ侵入後、現金5万円を窃取してしまいました。
被害届を受けた京都府宇治警察署は、捜査を開始し、Aを住居侵入及び窃盗の容疑で逮捕しました。
Aの両親は、今後のことが心配になり、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に相談へ行きました。
(フィクションです)

住居侵入、窃盗罪】
上記のAさんのように、他人の住居に侵入したのちに、物を盗む行為をすれば、住居侵入罪と窃盗罪が成立することになります。
住居侵入罪の法定刑は、3年以下の懲役または10万円以下の罰金です。
窃盗罪の法定刑は、10年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
なお、平成27年度犯罪白書によれば、住居侵入を含む、「侵入窃盗」の認知件数は、9万3566件であり、ほかの非侵入窃盗の45万1648件よりは少ないですが、身近に起こりうる件数であるといえます。

住居侵入逮捕されたら…】
住居侵入・窃盗を起こし、逮捕された場合、早急に弁護士に相談し、場合によっては依頼すべきであるといえます。
弁護士に依頼すれば、例えば、以下のような弁護活動を行います。

・身体拘束が1日でも早く解かれるように、勾留請求をしないように検察官に働きかける。
・勾留請求がされた場合、勾留決定がなされないように、裁判官へ働きかける。決定が出た場合には、裁判所へ不服申し立てをする。
・被害者と示談交渉する。
・不起訴など処分が軽くなるように、上申書を聞き取って提出したり、検察官に働きかける。
・解放後に再犯しないように、環境調整(上記例でいえば、ギャンブルが窃盗行為をしてしまった原因の一つですから、ギャンブル依存症克服の治療を探し、受けさせるなど)を行う。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件・少年事件専門であり、刑事弁護のプロフェッショナルです。
京都府宇治市住居侵入事件で逮捕されてお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
京都府宇治警察署 初回接見費用:3万6500円)