京都府相楽郡笠置町内の強要事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-10-29

京都府相楽郡笠置町内の強要事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

京都府相楽郡笠置町内に住むA(29歳)は、SNSで知り合った同町内に住むVさんとメールのやり取りしていました。
途中から全然Vが返信を返してくれないことに腹が立ち、「今後、メールを返さなければどうなるか分かっているんだろうな」「お前の家を知っているぞ」「電話番号を送れ」というメールを送ってしまいました。
Vは怖くて、電話番号を送ってしまいましたが、電話を着信拒否しています。
後日、Aは京都府木津警察署強要の容疑で逮捕されました。
Aは、刑事事件に強い弁護士事務所の弁護士に初回接見を頼みました。
(フィクションです)

強要
強要とは、相手方又はその親族の生命、身体、自由、名誉もしくは財産に対して害を加える旨を告知して脅迫し、または暴行をすることによって、人に義務のないことを行なわせたり、権利の行使を妨害したりすることをいいます。
法定刑は、3年以下の懲役となっており、罰金刑は規定されていません。
上記Aさんは、「今後メールを返さなければどうなるか分かっているだろうな」などと害を加える旨を告知することで、Vに電話番号を送らせています。
ですから、強要罪が成立してしまいます。

強要罪には罰金刑の規定がありませんので、検察官に起訴されてしまえば、必ず正式裁判となってしまいます。
それを避けるためには、検察官に起訴しないように働きかける弁護活動が重要です。
もっとも、検察官も「不起訴にしてほしい」と頼むだけでは不起訴処分にはしてくれません。きちんとした証拠が必要になってきます。
例えば、早期に被害者の方と示談が締結できたのであれば、示談書や嘆願書などを検察官に対して提出する必要があります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件・少年事件専門であり、強要事件で示談を締結し、正式裁判を免れた例も数多くあります。
京都府相楽郡笠置町内の強要事件で逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
京都府木津警察署 初回接見費用:3万8900円)