京都府相良郡笠置町の大麻取締法違反事件で任意同行 刑事事件に強い弁護士

2016-11-17

京都府相良郡笠置町の大麻取締法違反事件で任意同行 刑事事件に強い弁護士

京都府相良郡笠置町に住んでいるAさんは、自分で使用してみようと大麻を購入しました。
しかし、その大麻を使用する前に、購入履歴などから捜査を行っていた京都府木津警察署の警察官がAさん宅を訪れ、Aさんは大麻取締法違反(大麻所持)の容疑で任意同行をされることになりました。
(※この事例はフィクションです。)

大麻取締法違反について

大麻取締法では、許可を受けずに大麻の輸入や栽培、所持等をすることを禁止しています。
大麻の使用についての条文自体は、大麻取締法にはありません。
しかし、使用するためには大麻を所持しなければなりませんし、大麻の所持は前述のように禁止されていますから、大麻取締法違反となり、処罰されることとなります。

大麻を無許可で所持した場合、5年以下の懲役に処せられます(大麻取締法24条の2の1項)。
そして、この所持が営利の目的で行われていた場合、10年以下の懲役、又は情状により10年以下の懲役及び300万円以下の罰金となります(大麻取締法24条の2の2項)。

上記事例のAさんは、自分の使用目的で大麻を所持していたので、大麻取締法24条の2の1項に当てはまることとなります。

任意同行後について

上記事例のAさんは、任意同行木津警察署に連れていかれることとなりましたが、その後については、取り調べを受けてそのまま逮捕されるということもありえます。
そうなった場合、Aさんのご家族としては、Aさんが木津警察署に連れていかれたまま帰ってこないと、大変不安な思いをされることとなってしまいます。
被疑者が逮捕された後の48時間は、ご家族であっても被疑者と接見(面会)することはかないませんから、どのような事情で被疑者として連れていかれたのか、今後どうなるのかなども知ることができなくなってしまいます。

しかし、弁護士であれば、逮捕直後から被疑者と接見(面会)することが可能で、詳しい事情や今後の方針などについてもお聞きし、ご家族にお伝えすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の刑事事件専門の弁護士は、初回無料相談や初回接見サービスなどを行っております。
大麻取締法違反で逮捕されそうでお困りの方、ご家族が警察に連れていかれて(任意同行で)不安な方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律所の弁護士まで、ご相談ください。
木津警察署までの初回接見費用:3万8900円