京都府木津川市の傷害致死事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

2016-10-11

京都府木津川市の傷害致死事件で逮捕 刑事事件専門の弁護士

京都府木津川市に住む会社員A(35歳)は、マンションへ引っ越した直後から、隣人Vから嫌がらせを受け続けていました。
我慢の限界にきたAは、Vに抗議しに行ったところ、もみ合いになり、AがVを突き飛ばした際、倒れたVが机の角に頭をぶつけて出血多量で死んでしまいました。
Aは京都府木津警察署逮捕されました。
Aは、身体拘束のまま起訴されましたが、会社のこともあるので、保釈を望んでいます。
そこで、弁護を依頼している刑事事件に強い弁護士に相談しました。
(フィクションです)

傷害致死罪】
他人の身体を傷害し、よって人を死亡させた者は、傷害致死罪が成立します。
法定刑は3年以上の有期懲役であり、重い刑罰となっています。

保釈保証金の相場は?】
保釈とは、起訴された「後」、一定額の金銭を支払うことを条件に勾留の執行を停止し、被告人の身柄拘束を解放する制度をいいます。
保釈をするためには、保釈保証金を支払うことが条件となってきます。
では、保釈保証金の相場はいくらくらいなのでしょうか。

保釈金の額は、裁判所が、犯罪の軽重や情状、被告人の経済状況、生活環境などの一切の事情を考慮して判断されます。
保釈金の相場は、一般的に200万円前後となることが多いですが、事件によっては500万円を超える場合もあります。
例えば、同じ覚せい剤事犯であったとしても、一般人が保釈されるときの保釈保証金と芸能人が保釈されるときの保釈保証金の金額は異なってきます。
後者であれば、500万近くになるケースもあるでしょう。

また、保釈保証金を支払えばいつでも保釈されるというわけでもなく、保釈の要件を満たす必要もあります。
ですから、保釈をお考えの方は、一度刑事事件に強い弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。
京都府木津川市内の傷害致死事件で逮捕され、保釈をお考えの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までご相談ください。
京都府木津警察署 初回接見費用:3万8900円)