京都市伏見区の暴行事件で逮捕 刑事事件専門の示談に強い弁護士

2016-10-02

京都市伏見区の暴行事件で逮捕 刑事事件専門の示談に強い弁護士

Aさんは、京都市伏見区において友人たちと食事をしました。
その帰り、商店街を歩いていた際、反対方向から歩いてきたBさんと肩が接触してしまいました。
全く謝ろうとしないBの態度にAさんは腹を立て、「どこ見て歩いとるんじゃ」と言い、殴る蹴るなどの暴行を加えました。
その後Aさんは京都府警伏見警察署の警察官に逮捕されました。
しかし、Aさんは反省しており、Bさんと示談したいと考えている。
(この事例はフィクションです)

Aさんは暴行罪(刑法第208条)で逮捕されましたが、示談を締結したいと考えています。
このような相談はよくあります。
今回は示談について書かせていただきます。

示談とは≫
示談とは、相手方に対して被害弁償をすることを指します。

相手方と示談が成立すれば、検察官が不起訴とする可能性もあります。
また、仮に起訴されたとしても、示談が成立していることから、量刑上有利に扱われる可能性もあります。
このような意味において示談は重要性を有します。

示談を成立させるためには、相手方と交渉する必要があります。
示談交渉が上手くいかなければ、相手方の被害感情をより悪化させる可能性もあります。そこで相手方と円滑に交渉する必要があります。

そこで、示談交渉に強い弁護士を選任し、示談交渉を行うことが示談成立の可能性を高めます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は刑事事件専門であり、示談交渉成立のための弁護活動も多数承っております。

京都市伏見区暴行事件で逮捕され、お困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士までお問合せ下さい。
京都府警伏見警察署 初回接見費用:3万6800円)