京丹波町の商標法違反事件で逮捕 フリマアプリの少年事件に強い弁護士

2017-02-14

京丹波町の商標法違反事件で逮捕 フリマアプリの少年事件に強い弁護士

京都府船井郡京丹波町に住んでいる18歳のAさんは、いわゆるフリマアプリを利用して、有名ブランドに非常に似たロゴをあしらったバッグやスマホケースなどを販売し、高額の利益を得ていました。
すると、ある日、京都府南丹警察署の警察官がAさん宅を訪れ、Aさんは、商標法違反の疑いで逮捕されることとなってしまいました。
Aさんの両親は、まさか商標法違反という犯罪が自分たちの身に降りかかるとは思わず、すぐに弁護士に相談することにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・商標法違反とフリマアプリ

商標法違反、という犯罪は、なかなか聞きなじみがないかもしれません。
しかし、現在、スマートフォンやその中に入れるアプリの普及・発達によって、商標法違反は身近な犯罪となっているのです。

上記の事例では、Aさんはフリーマーケットアプリ、いわゆるフリマアプリを利用して、ブランド品に類似した商品を販売していました。
このようなアプリを利用すれば、商標法違反というなじみのない犯罪であっても、少年が行えてしまう可能性があるのです。

商標法違反事件は、想像もつかないような多額の被害額になってしまうこともあります。
アプリのような手の出しやすいツールがあれば、つい出来心で商標法違反を行ってしまう人もいるかもしれませんが、そのちょっとした出来心のせいで、思いもよらない大きな事件を引き起こしてしまうかもしれません。
そのような場合、一体どうしたらよいのかと途方に暮れてしまう人も多いでしょう。

そういう時こそ、専門家である弁護士に相談してみましょう。
少しずつでも被害者へ弁済していくのか、あるいはどのように謝罪すべきなのか、これから同じことを繰り返さないために何をしていくのか、依頼者の方の様々な不安を解決できるよう、全力で活動します。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、初回無料法律相談を受け付けています。
商標法違反事件にお困りの方、少年事件にお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府南丹警察署までの初回接見費用:4万1200円)