【いじめで少年事件】京都で弁護士に相談なら刑事事件専門事務所へ

2017-05-13

【いじめで少年事件】京都で弁護士に相談なら刑事事件専門事務所へ

京都府乙訓郡大山崎町に住んでいる15歳のAくんは、同級生の友人らとともに、同じクラスのVくんにいじめを行っていました。
ある日、AくんらがVくんをいじめていた際、Aくんらが殴ったことによって、Vくんは全治2週間のけがを負ってしまいました。
Vくんが両親にいじめのことを話し、京都府向日町警察署に被害届を出したことで、Aくんらは警察署に呼び出しを受けました。
いじめがこんなに大事になるなんてと不安に駆られたAくんは、両親と一緒に刑事事件専門の弁護士がいる事務所に相談に行くことになりました。
(※この事例はフィクションです。)

・いじめで少年事件・刑事事件

いじめと一口に言っても、様々なものがあります。
上記の事例のように、殴るなどの暴行を加えるいじめ、無視したりひどい言葉を浴びせたりするいじめなど、残念なことに、多くのいじめが存在します。

これらはひとくくりに「いじめ」とされることが多いですが、実はそれぞれが少年事件刑事事件に該当する可能性のある行為なのです。
例えば、上記事例であれば、AくんらはVくんに対して殴るなどの暴力をふるい、けがをさせていますが、これは傷害罪にあたる行為です。
他にも、ひどい言葉を投げかければ侮辱罪や名誉毀損罪にあたる可能性もありますし、性的なことをさせていじめていた場合は、児童ポルノ禁止法違反や強制わいせつ罪などにあたる可能性もあります。
いじめ罪」や「いじめ禁止法」があるわけではありませんが、いじめの行為は個々の犯罪にあたるものも多いのです。

いじめに関連した少年事件刑事事件でお困りの方は、弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士まで、ご相談ください。
弊所の弁護士は、少年事件刑事事件専門の弁護士ですから、相談者の方の少年事件刑事事件に対する不安に丁寧に答えることができるでしょう。
0120-631-881では、24時間いつでも、初回無料法律相談のご予約をお取りしています。
いじめに関する少年事件でお困りの方は、まずはお電話ください。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7,200円)