冤罪ならすぐに弁護士へ!京都市左京区の危険ドラッグ事件で逮捕

2017-05-12

冤罪ならすぐに弁護士へ!京都市左京区の危険ドラッグ事件で逮捕

Aさんは、京都市左京区内にある恋人Bさんの家を訪ねた際、強いハーブのようなにおいを感じましたが、アロマを焚いていると聞かされ、特に怪しまずにそのまま過ごしていました。
しかし、後日、京都府川端警察署の警察官がAさんの元を訪れ、AさんとBさんは尿検査を受けることになりました。
すると、AさんにもBさんにも危険ドラッグを使用したという反応があったため、2人は逮捕されてしまいました。
Aさんは、危険ドラッグを使用した心当たりがなく、途方に暮れています。
(※この事例はフィクションです。)

・危険ドラッグと冤罪

上記事例のAさんは、自分が危険ドラッグを使用しているつもりはなく、Bさんが部屋で焚いていたのはただのアロマだと信じていました。
しかし、実際はそのアロマが危険ドラッグであり、Aさんは自分の意思と関係なく危険ドラッグを使用させられていたことになります。
では、客観的にみれば危険ドラッグを使用していたことになるAさんは、このまま危険ドラッグを使用していたとして罰せられてしまうのでしょうか。

犯罪の成立には、「故意」といって、犯罪を実行しようという意思や認識が必要であるとされています。
Aさんは、「故意」のないままに、危険ドラッグを使用してしまったことになりますから、本来であればAさんに危険ドラッグ使用、すなわち、薬事法違反はあてはまりません。

しかし、上記事例でAさんは逮捕されてしまっています。
こうなってしまった場合、自分の意思で危険ドラッグを使用したわけではないことや、危険ドラッグを使用しているという認識がなかったことを主張していかなければなりません。
そのためには、刑事事件に精通している弁護士のサポートを受けることが大きな支えとなってきます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の強みを生かして、冤罪にお困りの方のサポートをいたします。
プロの捜査官を1人で相手にしてやっていないことをきちんとやっていないと貫くことは、なかなか負担のかかることです。
弁護士が取調べ対応などを逐一助言することで、その負担を減らせる確率が上がります。
弊所では初回の法律相談は無料ですから、まずは弊所の弁護士まで、ご相談下さい。
京都府川端警察署までの初回接見費用:3万4,900円)