Archive for the ‘未分類’ Category

【鑑別所?少年院?】京都府八幡市の少年事件は弁護士へ相談

2017-07-24

【鑑別所?少年院?】京都府八幡市の少年事件は弁護士へ相談

京都府八幡市の中学3年生であるAさんは、同級生のVさんに対して暴行事件を起こしたとして、京都府八幡警察署の取調べを受けていました。
Aさんやその家族は、少年事件の手続きがよく分かっておらず、今後どうなっていくのか予測できずにいます。
鑑別所少年院といった施設に行くことになるのかと不安になったAさんたちは、弁護士に相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・鑑別所と少年院

上記事例のAさんは、暴行事件を起こして取調べを受けている最中のようです。
Aさんのように、未成年者が起こした事件は少年事件として扱われ、成人の刑事事件とはまた違った手続きを踏みます。

Aさんが行くことになるのかもしれないと心配している、鑑別所少年院といった施設は、両方とも少年事件の手続きに関わる施設です。
混同されがちな両施設ですが、実は全く違ったものです。

少年鑑別所、いわゆる鑑別所は、少年事件を起こした少年が「観護措置」を取られたときに入る施設です。
観護措置とは、少年がどのような性格なのか、どのような問題を抱えているのか詳しく専門的に調べるために、主に鑑別所で調査する措置です。
ですから、鑑別所は、審判までに、少年についてより詳しく、より専門的に調べるための施設、ということになります。

一方、少年院は、審判の後、保護処分として少年を入れる更生施設です。
少年院は、成人の刑務所のように罰するための施設ではなく、少年の更生を促すための施設です。
つまり、鑑別所は審判前に少年が入って調査を行う場所、少年院はその審判の結果、少年の更生のために少年が入る施設、ということです。

聞いたことのある鑑別所少年院という施設名ですが、詳しくは知らなかった、という方もいるのではないでしょうか。
このように、少年事件の手続きやその施設、役割については、細かな違いや意味があります。
専門家である弁護士であれば、それらについて詳しくご説明させていただけます。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件専門の弁護士です。
少年事件に巻き込まれて不安のある方、疑問のある方は、まずは弊所の弁護士まで、ご相談ください。
京都府八幡警察署までの初回接見費用:3万8,200円)

京都府和束町の飲酒運転事件で逮捕なら…交通事件の裁判は弁護士へ

2017-07-23

京都府和束町の飲酒運転事件で逮捕なら…交通事件の裁判は弁護士へ

Aさんは、飲み会の帰りに、飲酒運転をして、京都府相楽郡和束町にある自宅への帰路についていました。
すると、飲酒検問をしていた京都府木津警察署の警察官にAさんの飲酒運転が発覚し、Aさんは逮捕されてしまいました。
Aさんは勾留されることなく釈放されたものの、その後の取調べと捜査により、Aさんは過去に3度、飲酒運転で検挙されていることが発覚しました。
そして、Aさんは起訴されることとなってしまい、AさんとAさんの家族は、まさか飲酒運転で裁判になるとは思わず、途方に暮れています。
(※この事例はフィクションです。)

・飲酒運転でも起訴される?

皆さんご存知のように、飲酒運転は道路交通法で禁止されています。
飲酒運転のうち、酒酔い運転の法定刑は5年以下の懲役または100万円以下の罰金、酒気帯び運転の法定刑は3年以下の懲役または50万円以下の罰金と規定されています。

ご覧の通り、飲酒運転の法定刑には、懲役刑が規定されています。
懲役刑が規定されているということは、飲酒運転であっても、起訴され、正式な刑事裁判を受ける可能性、さらには、刑務所に入る可能性があるということです。
もちろん、飲酒運転を1回だけしてしまった、飲酒運転の初犯である、というようなケースで、いきなり正式な刑事裁判を受けて刑務所へ行くことになるということはほとんどないでしょう。
しかし、Aさんのように、飲酒運転を何回も繰り返しているような状態の場合、起訴されて刑事裁判を受ける可能性は高まっていきます。

たかが飲酒運転で事故も起こしてもいない、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、飲酒運転は大きな事故にもつながりかねない危険な行為で、上記のように懲役刑も規定されている犯罪です。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、初回無料法律相談を行っています。
たかが飲酒運転と甘く見ずに、交通事件でお困りの場合は、弊所の弁護士までご相談ください。
京都府木津警察署までの初回接見費用:3万8,900円)

(弁護士が即接見)京都府南丹市の公務執行妨害事件で少年の逮捕にも

2017-07-22

(弁護士が即接見)京都府南丹市の公務執行妨害事件で少年の逮捕にも

京都府南丹市の高校に通う17歳のAさんは、下校途中、他の学校の生徒と口論になりました。
それを目撃したパトロール中の京都府南丹警察署の警察官が止めに入りましたが、Aさんは、怒りが収まらず、止めに入った警察官を暴言を吐きながら突き飛ばしたり、蹴ったりしてしまいました。
その結果、Aさんは、公務執行妨害罪の容疑で現行犯逮捕されることとなってしまい、逮捕の知らせを聞いたAさんの両親は、どうしていいか分からずにいます。。
(※この事例はフィクションです。)

・公務執行妨害罪

公務員が職務を執行するに当たり、これに対して暴行又は脅迫を加えた者は、公務執行妨害罪とされ、3年以下の懲役若しくは禁錮又は50万円以下の罰金に処せられます(刑法95条1項)。
上記の事例では、Aさんは、パトロール中の警察官に暴言を吐きながら突き飛ばしたりする暴行を加えているので、公務執行妨害罪が成立するといえそうです。

・少年が逮捕されたら…

上記の事例で、少年のAさんは、現行犯逮捕されています。
少年であっても逮捕されれば、警察署の留置場に入れられて、釈放されるか勾留されるまでの間、家族とも会えずに過ごすことになります。
未成年の少年は、まだ発展途上で多感な時期ですが、その時期に逮捕されて誰にも会えずに過ごすというのは、少年にとって大きな負担になることは想像に難くありません。

少年の味方である弁護士接見(面会)してもらうことで、少年の主張を聞いてもらうこともできますし、取調べ対応への助言をもらうこともできます。
また、弁護士接見の際に、ご家族からの伝言や少年からの伝言をそれぞれ伝えることもできますから、弁護士接見によって逮捕されている少年とご家族との橋渡しも可能となります。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、初回接見サービスを行っています。
初回接見サービスでは、お申し込みから24時間以内に、弁護士が少年の接見に向かいます。
京都府少年事件逮捕にお困りの方は、ぜひ弊所までご連絡ください。
京都府南丹警察署までの初回接見費用:4万1,200円)

マネーロンダリングって?京都府長岡京市の逮捕も対応の弁護士に相談

2017-07-21

マネーロンダリングって?京都府長岡京市の逮捕も対応の弁護士に相談

京都府長岡京市のAさんは、マネーロンダリングを行ったとして、京都府向日町警察署逮捕されてしまいました。
Aさんの家族は、Aさんがマネーロンダリングを行った容疑で逮捕されたという知らせを受けましたが、マネーロンダリング自体の知識もありませんし、逮捕に対してどのように対応すべきなのかも分かりません。
困ったAさんの家族は、京都府長岡京市にも対応している弁護士に相談してみることにしました。
(※この事例はフィクションです。)

・マネーロンダリングとは?

マネーロンダリングという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
マネーロンダリングという言葉自体は聞き覚えのあるものの、意味はよく分からない、という方も多いかもしれません。
マネーロンダリングとは、日本語で、「資金洗浄」と言われる行為です。
違法薬物の売買や盗品の売買など、犯罪によって得られた汚れたお金を、正当な方法によって得たお金のように見せる=きれいに見せるための行為です。
マネーロンダリングは、架空の口座を転々とさせてお金の出どころを分からなくする方法や、架空ビジネスの利益として計上する方法などがあるとされています。

マネーロンダリングは、「マネーロンダリング防止法」のようなものがあるわけではなく、各法律によって規制されています。
例えば、規制薬物の取引によるマネーロンダリング行為については「麻薬特例法」で禁止されていますし、その他のマネーロンダリング行為や組織的なマネーロンダリング行為については、「組織犯罪処罰法(正式名称:組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律)」で禁止されています。

マネーロンダリングは、それ自体複雑な行為ですから、相談するのであれば、刑事事件に詳しい弁護士に相談してみるべきでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、マネーロンダリング事件にお困りの方のご相談をお待ちしております。
初回無料法律相談のご予約は、0120-631-881でいつでも受け付けていますので、まずはお電話ください。
京都府向日町警察署までの初回接見費用:3万7,200円)

京都市南区の覚せい剤事件で逮捕なら…少年事件の再犯防止に強い弁護士

2017-07-20

京都市南区の覚せい剤事件で逮捕なら…少年事件の再犯防止に強い弁護士

京都市南区に住んでいる17歳のAさんは、SNSで知り合ったBさんに覚せい剤をもらったことから、覚せい剤を使用するようになっていました。
しかし、覚せい剤使用によってAさんの挙動がおかしいことに気づいた隣人が通報し、Aさんは京都府南警察署の警察官に、覚せい剤取締法違反逮捕されてしまいました。
Aさんは反省しているようですが、Aさんの家族は、今後Aさんが再犯を犯さないか心配しています。
(※この事例はフィクションです。)

・少年の覚せい剤使用と再犯防止

上記事例のように、たとえ少年であっても、覚せい剤の所持や使用で検挙されることはあります。
警察庁の統計でも、年々減ってはいるものの、毎年未成年者が覚せい剤事犯で検挙されていることが分かります。

覚せい剤は、皆さんご存知のように、依存性のある違法薬物です。
覚せい剤を一度使ったことにより、二度目、三度目の使用へのハードルが下がり、繰り返していくうちに、覚せい剤へ依存してしまいます。
覚せい剤などの違法薬物は、その依存性もあってか、再犯率の高い犯罪として知られています。
少年だから、若いから大丈夫、ということではありません。

覚せい剤再犯防止には、覚せい剤を使用してしまった少年本人の努力はもちろん、家族などの周りの方の支えや、専門機関での治療など、多くのことが要求されます。
しかし、何をすれば再犯防止に有効であるのかなど、少年本人やそのご家族だけでは、なかなか思いつかないことでしょう。
専門家である弁護士に依頼することで、覚せい剤再犯防止への助言やサポートを受けることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、初回無料法律相談や初回接見サービスを行っています。
少年が覚せい剤事件を起こしてしまった場合、その再犯防止に力を注ぐことは、事件の処分結果に関わってくることにもなりますし、何より少年のその後に大きく影響することです。
まずは弁護士に相談してみましょう。
京都府南警察署までの初回接見費用:3万5,200円)

京都市左京区の商標法違反事件は弁護士へ!刑事事件で逮捕されたら

2017-07-19

京都市左京区の商標法違反事件は弁護士へ!刑事事件で逮捕されたら

京都市左京区に住むAさんは、有名なブランドであるVのロゴやデザインを無断で使用した装飾品を大量に生産・販売していました。
すると、ある日、京都川端警察署の警察官がAさん宅を訪れ、Aさんは商標法違反の疑いで逮捕されてしまいました。
逮捕の知らせを聞いたAさんの家族は、商標法違反、という聞きなれない罪名に戸惑っています。
(※この事例はフィクションです。)

・商標法違反とは

商標法とは、商標権を保護するために存在する法律です。
では、商標法で保護されている商標権とはいったい何なのでしょうか。
商標権とは、登録された商標=消費者がサービスや商品の提供元を知るための標識を、独占排他的に商品やサービスに使用できる権利です。

この商標権を侵害すると、10年以下の懲役若しくは1,000万円以下の罰金に処される可能性があります(商標法78条)。
また、商標権を侵害する準備行為等を行うなど、商標権の侵害とみなされる行為をしてしまった場合は、5年以下の懲役又は500万円の罰金となります(商標法78条)。
これらの懲役と罰金は併科されることもあります。

商標権の侵害=商標法違反となりますが、商標権の侵害とは、業務として商標を使用することです。
自分でブランドのロゴやマークを書いて楽しむくらいの個人使用であれば商標法違反とはなりませんが、それを繰り返し売買しているなどの合は、個人事業を行っている場合と同様と判断され、商標法違反となる可能性があります。
上記の事例のAさんは、装飾品の大量の生産・販売を行っていますから、個人使用の目的とはいえなさそうです。
したがって、Aさんには商標法違反が成立すると考えられるのです。

商標法違反という犯罪は、インターネットやオークションなどが普及した今では、誰でもできてしまう犯罪なのかもしれません。
弁護士法人あいち刑事事件法律事務所の刑事事件専門の弁護士は、商標法違反逮捕されてお困りの方のお力になります。
24時間いつでも、初回無料法律相談・初回接見サービスのご予約・お申込みを受け付けていますので、まずはお電話ください。
京都府川端警察署までの初回接見費用:3万4,900円)

京都府宮津市の詐欺事件の逮捕・取調べには…少年事件に強い弁護士を

2017-07-18

京都府宮津市の詐欺事件の逮捕・取調べには…少年事件に強い弁護士を

京都府宮津市に住んでいる17歳のAさんは、成人している先輩のBさんに、Vさんのもとへ荷物を預かりに行くよう言われ、Vさんから荷物を預かり、Bさんに渡しました。
すると後日、Aさんは、京都府宮津警察署の警察官に、詐欺罪の容疑で逮捕されてしまいました。
Aさんは、まさか自分が詐欺に加担しているとは思いもよらず、信じられない気持ちでしたが、取調べでそのことを聞き入れてもらえそうになく、困っています。
(※この事例はフィクションです。)

・少年事件の取調べ

少年事件の手続きでは、少年の柔軟性を考慮し、その後の更生を重視しています。
少年は、その柔軟性ゆえに、更生を期待されているということですが、他方、少年はその柔軟性ゆえに、周りの環境に左右されやすいという一面も持っています。
例えば、今回の事例のような詐欺事件でも、お金の受け取り役などの下っ端の役を言葉巧みに任されてしまう、というケースも多く存在するようです。

警察などでの取調べでも、少年は誘導に乗りやすく、やっていないことをやったとする供述にされてしまったり、同意するつもりはなかったにもかかわらず同意させられてしまったりするケースもあります。
もちろん、少年事件であることを前提に、穏やかに取調べが行われることが望ましいですが、現実はそういった取調べばかりではありません。
少年相手であっても、厳しい取調べがなされることもあるようです。

その柔軟性により、更生の道が期待される少年ですが、裏を返せば、それゆえの、少年自身の不利益に繋がる行動もとってしまいます。
そこで、少年事件に強い弁護士に相談し、サポートを依頼することで、少年自身の持つ不安や、ご家族が感じている不安を解消する手助けをすることができます。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件・少年事件を専門に扱っています。
少年事件への不安は、少年事件のプロに聞いて解決しましょう。
初回無料法律相談は、0120-631-881で、24時間365日、ご予約を受け付けています。
京都府宮津警察署までの初回接見費用も、上記フリーダイヤルまでお問い合わせください。

(改正刑法も相談)京都市北区の性犯罪に強い刑事事件専門の弁護士

2017-07-17

(改正刑法も相談)京都市北区の性犯罪に強い刑事事件専門の弁護士

会社員のAさんは、京都市北区の路上で、Vさんに抱き着いて体を触るという強制わいせつ事件を起こし、京都府北警察署に逮捕されました。
Aさんは、自分の起こした事件については改正刑法が適用されるいう話を小耳にはさみ、どのような変化があるのか気になっています。
一方、Aさんの家族は、性犯罪に強いという刑事事件専門の弁護士のもとを訪れ、Aさんの事件について相談することにしたようです。
(※この事例はフィクションです。)

・改正刑法と性犯罪

つい先日、7月13日に、改正刑法が施行されました。
今回の改正刑法では、上記事例のAさんが起こした強制わいせつ事件のような性犯罪について、従来の規定から大幅に改正がなされました。

主な改正のポイントとしては、①強姦罪が強制性交等罪になり、②強制わいせつ罪や強制性交等罪が非親告罪化し、③性犯罪について厳罰化がなされ、④監護者による性犯罪についての規定が新設されたことが挙げられます。

上記Aさんの強制わいせつ事件にかかわるポイントとしては、②が大きいでしょう。
強制わいせつ罪などの性犯罪については、被害者の名誉やプライバシーへの配慮のために、親告罪=被害者などの告訴がないと起訴できない犯罪とされていました。
しかし、性犯罪の被害者に対し、告訴するのかどうか迫るような形になってしまうことで逆に性犯罪の被害者を追い詰めてしまっていたり、性犯罪の加害者からの報復等を恐れて告訴できない等の声があり、今回の非親告罪化となったようです。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所の弁護士は、刑事事件専門の弁護士です。
刑事事件を専門に扱っている弁護士ですから、改正刑法についてのご相談や、性犯罪についてのご相談ももちろん受け付けています。
弁護士による法律相談の初回はどなたでも無料ですから、まずは弁護士に話を聞いてみたい、という方でもお気軽にご相談いただけます。
京都性犯罪にお悩みの方は、まずは弊所までお問い合わせください。
京都府北警察署までの初回接見費用:3万6,300円)

京都府笠置町の少年事件対応可!住居侵入事件に強い弁護士

2017-07-16

京都府笠置町の少年事件対応可!住居侵入事件に強い弁護士

Aさんは、京都府相楽郡笠置町に住んでいる16歳です。
ある日、Aさんは、近道をしようと、近所のVさん宅の庭先に入り込みました。
しかし、その様子をVさんが目撃し、不審者が入り込んでいると思ったVさんによって、京都府木津警察署に通報されてしまいました。
Aさんは、京都府木津警察署にて、住居侵入事件の被疑者として取調べを受けることになり、とても不安に思っています。
(※この事例はフィクションです。)

・家に入っていなくても住居侵入?

上記事例のAさんは、住居侵入事件の被疑者として、京都府木津警察署に取調べをされることになっていますが、Aさんは庭先に入っただけで、Vさん宅に入ったわけではありません。
このような場合でも、住居侵入罪に該当するのでしょうか。

住居侵入罪は、刑法130条に規定されている犯罪です。
条文では、正当な理由なしに人の住居や看守する邸宅などに侵入した者について、住居侵入罪が成立するとされています。
そして、上記事例のような、家の庭先のような部分については、「住居」であるか「邸宅」であるかなど学説の分かれはあるものの、どちらの説でも、そこに正当な理由なく侵入することは住居侵入罪にあたるとされています。
Aさんは、Vさんの同意を得ず、近道をしようとして庭先に入り込んだのですから、住居侵入罪が成立する可能性はあるでしょう。

ちょっと近道するだけ、と軽い気持ちで行った行動が、住居侵入事件となり、少年事件となってしまったら、少年本人はもちろんのこと、そのご家族も不安を感じ、動揺されるでしょう。
弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件・少年事件専門の弁護士が、その不安の解消をお手伝いいたします。
初回無料法律相談のご予約・初回接見サービスのお申込みは、0120-631-881でいつでも受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。
京都府木津警察署までの初回接見費用:3万8,900円)

クレプトマニアを弁護士に相談…京都府城陽市の万引き事件で逮捕なら

2017-07-15

クレプトマニアを弁護士に相談…京都府城陽市の万引き事件で逮捕なら

京都府城陽市に住むAさんは、近所のコンビニで万引きをしてしまい、京都府城陽警察署逮捕されてしまいました。
Aさんは、これまでも何回も万引きをして警察を呼ばれたことがある万引きの常習犯でした。
しかし、Aさんはお金に困っているわけでもなく、なぜそんなに万引きを繰り返してしまうのか分からないでいました。
すると、家族の依頼で接見に訪れた弁護士から、クレプトマニアの可能性があるのではないかと言われました。
(※この事例はフィクションです。)

・クレプトマニア?

クレプトマニアとは、窃盗癖、窃盗症とも呼ばれる、精神障害の1種です。
クレプトマニアは、その名前の通り、窃盗を繰り返してしまうというもので、お金があるにもかかわらず万引きなどの窃盗行為を繰り返してしまったり、万引きなどを行った際に達成感があったりして、「物を盗む」という行為が目的であることなどがクレプトマニアの特徴であると言われます。
特にお金に困っていないのに、自分でも理由が分からないのに、そんな状態で何度も万引きを繰り返してしまう場合、クレプトマニアの可能性があります。

クレプトマニアは、上記の通り、精神障害ですから、専門的な治療やカウンセリング、周囲のフォローが必要です。
本人の力だけでクレプトマニアを改善させることは難しいでしょう。
たとえ盗んだものの被害額が数百円の万引き事件であっても、万引きを繰り返しているのであれば、正式裁判になって刑務所へ行く可能性も十分あります。
それを防ぐには、早い段階で治療などを行い、クレプトマニアを改善し、万引きの再犯防止を図ることが重要です。

弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所では、刑事事件専門の弁護士が、初回は無料の法律相談を行っています。
何回も万引きを繰り返し、逮捕されてしまってお困りの方、クレプトマニアの事件についてお悩みの方、まずは弊所の弁護士までご相談ください。
京都府城陽警察署までの初回接見費用:3万8,200円)

« Older Entries